ぱんじゅう

由来:パンと饅頭の中間なもの又はまんじゅうは蒸すのに対してパンの様に焼いたまんじゅうという事でぱんじゅうと言われる説があります。

 

 

『ほっかいどう お菓子グラフィティー』塚田敏信著より抜粋

 

小樽は昭和32年時点で16軒のぱんじゅう屋があったともいわれています。

現在道内の現役ぱんじゅう店で、昔ながらのスタイルを受け継ぐのは、小樽の『正福屋』、『西川ぱんじゅう』、『アンアン』

夕張の『小倉屋ぱんじゅう』、札幌の『もいわぱんじゅう』の5軒だけになってしまいました。他にもぱんじゅうを名乗る店はあるが、たこ焼きのような焼型で焼いている事が多い。本来のぱんじゅうと区別する意味で呼び名も変えている。いつしか、

主客転倒が起こらぬようにと念じながら。

 

 

 

ぱんじゅう(ぱんぢゅう)の歴史

女中さんと職人さん(昭和30年当時の写真)

焼きたてのぱんじゅうを囲み

女中さんと職人(田中)さん

昭和30年頃(十八番)

元々は炭坑夫や港湾労働者等のおやつとして広まったもので(ですから今も小樽や夕張に残っています。)、大正時代からあったものらしいです。

大正時代の価格は12個で10銭でした。中身は餡とえんどう豆が入っていたらしいです。北海道では小樽から全道に広がっていきました。小樽では数店舗、その他では余市、苫小牧、倶知安、長万部、名寄、月形、岩見沢、三笠、滝川、夕張、北見、網走そして札幌の狸小路
(昭和20年創業・十八番)と広がっていきました。

しかし戦後、砂糖の高騰や後継者がない等の理由で狸小路を除き廃業していきます。小樽も美味しいといわれた『田中ぱんじゅう(甘党一番)』.『ガンジロウのぱんじゅう』.『たけやのぱんじゅう』
という有名店がすでに廃業しています。特に『田中ぱんじゅう(甘党一番)』は小樽ぱんじゅうの最高峰といわれ、大変に人気があったそうです。小樽『田中ぱんじゅう』は田中さんが店舗を出す前に狸小路で職人さんとして働いていました。(当時の写真)

『田中のぱんじゅう(甘党一番)』は小樽中央道り(駅前通り)のタバコ屋さん(宝くじも売ってる)店の隣の小さなお店でした。残念ながら店主が倒れられて廃業しています。(平成4年頃)

正福屋の『ぱんじゅう』は昭和20年小樽最高峰の秘伝の味を札幌狸小路に受け継がれております。昔の味を知っているご年配の方に大変懐かしくて美味しいと言われています。

昔のぱんじゅうは次の日でも柔らかかったといわれ正福屋のぱんじゅうは昔のままねと喜ばれています。

 

正福屋は『小樽、田中のぱんじゅう』と『狸小路、十八番』の味を継承しています。

女中さん、奥がパチンコ店・昭和30年

十八番の女中さん、奥がパチンコ店

昭和30年頃

 

昭和20年の開業に狸小路で開業した『十八番』、その当時はぱんじゅうだけではなく、あべかわ、おしるこ、ぞうに、コーヒー等、今でいう喫茶店のようなお店でした。田中さん(弟)は兄が小樽の手宮で経営している『田中のぱんじゅう』で焼き方を教わり、昭和30年まで狸小路『十八番』で働いていましたが、昭和31年に独立し、小樽の稲穂(中央市場近く)で『甘党一番』という店を構えます。数年後に兄さんが経営している手宮の『田中のぱんじゅう』が引っ越すこととなり、その店に移転します。(お兄さんは三笠市に移り『みその』というお店を出しました。)

その移転で『甘党一番』の屋号なのにお客様からは『田中のぱんじゅう』と呼ばれる様になっていきました。昭和42年頃から手宮から小樽駅前通りに移り平成4年

まで小樽で一番おいしいお店として親しまれていました。

おばあちゃんの若かりし頃(左)

おばあちゃんの若かりし頃(左)

昭和25年頃

 

狸小路の『十八番』は田中さんから教えて頂いたレシピをもとに女将さん(榎操さん)がぱんじゅうを焼き始めました。価格ですが 創業時(昭和20年)1ヶ5円、それから昭和45年まで6円、7円、8円、9円、10円、15円と価格を上げていったそうです。

昭和45年に20円、48年に30円、50年に40円となりました。

昭和50年から昭和60年の10年間は価格が40円と変わりませんでした。ですから今も『昔40円だったよねー』とお客様によく言われます。

昭和59年から1年間50円になり昭和60年から閉店する平成9年まで60円でした。

正福屋は『小樽、田中のぱんじゅう』と『狸小路、十八番』の味を守りつつ、あんこは十勝清水産の最高級餡を使用し小麦も北海道江別製粉を使用。

昔からの庶民のお菓子である『ぱんじゅう』を末永く作り続けてまいります。

狸小路で愛されて半世紀

昭和50年当時(焼くのは2代目)

昭和50年頃

焼くのは2代目

狸小路祭りにて(中央が2代目の息子さん昭和40年)

狸小路祭りにて

中央が2代目の息子さん

昭和40年頃

田中さんから教わったぱんじゅうのレシピを

忠実に守り女将の榎操さん(その後、名物おばあちゃんと呼ばれる)が約60年焼き続けます。

その味が評判になりどんどんお客さんが増えて

いきました。

店の外観、昭和60年当時

店の外観

昭和60年当時

『十八番』は、ぱんじゅうの他ラーメン等もある食堂でした。

お母さんがぱんじゅうを担当し、息子さんがラーメン等の食事を提供していました。

 

『十八番』から『正福屋』へ

50年間ぱんじゅうを焼き続けたおばあちゃん

52年間ぱんじゅうを焼き続けた

名物おばあちゃん榎操さん

平成9年札幌市民に愛されたぱんじゅうの店『十八番』がおばあちゃんの体調不良などで残念ながら閉店する事となりました。

その10年後の平成19年におばあちゃんの息子さんとご縁があり『ぱんじゅう』を

是非復活させたい相談した所、快くレシピを教えて頂く事ができました。

『十八番』は食堂というイメージもあることから新しく

『正福屋』と屋号も変え、狸小路ぱんじゅうの復活となりました。

 

『正福屋』は狸小路から小樽へ・・・。

正福屋外観(平成19年開業)

正福屋(狸小路)外観

平成19年開業

平成26年移転の為閉店

小樽の田中さん『甘党一番、田中のぱんじゅう』から教えてもらい

狸小路で半世紀その味を守り続けた『十八番』

そしてその味を受け継いだ『正福屋』は6年間、狸小路(十八番跡)で

営業してきましたが平成26年3月に移転する事となりました。

新店舗は小樽、『甘党一番、田中のぱんじゅう』のあった場所に移転します。

本当に不思議なご縁で思ってもみなかった最高の場所で『ぱんじゅう』の

店を平成26年3月にOPENする事となりました。(小樽駅前です)

 

 

 

 

 

                                             

正福屋の理念(心に染みる味を焼き続けたい)

『ぱんじゅう』や『ベビーカステーラ』は昔から庶民の食べ物でした正福屋は誰でも気軽に買える価格であるべきだと考えています。又、材料にもこだわり北海道の小麦粉を使用しています。餡(あん)は十勝にこだわり低農薬栽培の十勝清水産を使用しています。 ベーキングパウダーはアルミニウム摂取の不安がない、ミョウバンを含んでいない物を使用、お子さんにも安心、安全で体にやさしいお菓子です                   

正福屋外観

平成26年3月、念願の小樽に開業

     

 連日、多くのお客様のご来店ありがとうございます。

 『この味をまってた。』 『やっと美味しいぱんじゅうが食べれる。』等

 田中のぱんじゅうの味が小樽の人が日頃から愛した味なんだと

 実感いたしました。これからも変わらず美味しいぱんじゅうを

 焼き続けたいと思います。

 

 今後共、宜しくお願い致します。

正福屋と『ベビーカステーラ』

正福屋外観(平成19年開業)

NYのカステラ屋さん

はじまりは以前、私は狸小路で古着屋を経営しておりました。しかしながら2005年頃から徐々に古着ブームも去り気が付いたら狸小路が中国系の方々で賑わっておりました。

(両サイドがお土産屋だった為)私の店にも多数の中国系観光客が入り込んできましたが古着には全く興味を示しませんでした。ふと、この人達相手に商売してみようか!と考えたのです。色々考えた挙句、ニューヨークのチャイナタウンで食べたベビーカステラなら中国系の人も好んで食べるだろうと…。

古着屋を経営しバイヤーだった私はかなりの国に行くことが出来ましたので、そこから
NYで行列が出来ているお店を思いだしたのです。

しかしレシピもどんな機械で焼くのかも分からない、ないないづくしのスタートとなりました。

まず考えたのは半端なものをやっても絶対にお客様はつかない。中国、香港、台湾にあるカステラ以上の美味しいものを提供したいと、そう思ったのです。

自分がいちから出来るのか?と悩みました。そして日本一のベビーカステラ屋はどこなんだろうとインターネットで探したところ、かなり評判のいいお店が関西地区に集中していることがわかりました。

その中でもずば抜けて評判のいいお店がありました。神戸の『三宝屋』さんです。

大阪、神戸地区のお祭りでは他店にくらべて圧倒的に行列の数が違うといわれ『三宝屋』さんのカステーラを楽しみにお祭りに来るお客さんが大勢いるというお店でした。

『よし!』ダメもとで神戸まで行ってみよう。と、思い『三宝屋』さんに連絡してみたところ『レシピは教えられないけど、来週の月曜日に尼崎で焼くから見に来るか』との事、私はとっさに『伺います。』といいすぐに飛行機の手配をしたのでした。

カリスマおっちゃんとの出会い

正福屋外観(平成19年開業)

関西の雑誌に掲載された田中さん

2008年3月

尼崎に着いて待ち合わせ場所でオーナーの高瀬さんが迎えに来てくれました。

車で少し走ったら商店街に着きました。高瀬さんが『ここでうちの名人が焼いているから横にいて見ててや』と、田中さんという年配の方を紹介していただきました。

『どこから来はったの?』と言われ『北海道の札幌から来ました』と言うと『札幌…。ススキノは若い頃遊びに行ったなー』と大変気さくな方でした。

そしてベビーカステラの歴史や自分が若い頃はガスではなく炭で焼いていた等色々と教えていただきました。一番驚いた事は『ベビーカステーラ』と命名したのが『三宝屋』さんの先代だった、との事。なんという店を自分は訪ねて来たのだろうと驚き、嬉しかったです。

話がレシピに及ぶと『遥々、札幌から来たんやったらある程度教えたる』と言って教えて頂きました。約5時間の時間があっという間に過ぎていきました。

最後に私が『札幌で開店の際には是非来てください』と約束をして別れました。次の日、大阪でカステラ機械を買いに行きその銅版を造っている町工場へ。

今度はそこの工場のカステラ生地を使い実際に焼かせていただきました。

しかしなかなか生地が均等に銅版の穴に入らず本当に見るのと焼くのじゃ大違いと実感させられました。

これは簡単にOPEN出来ないぞと。

猛特訓

札幌に帰ってきまして開店まで2ヶ月、毎日毎日焼の日々が続きました。あと1ヶ月に迫った頃『三宝屋』さんの高瀬さんと田中さんがお忙しいのに札幌まで来てくれました。

『3日間で全部教えたる』と言っていただきこちらも真剣勝負で望みました。改装中の店舗の前でお客さんには無料でカステラを差し上げ、焼き続けました。

あの3日間は大変勉強になりました。高瀬さん、田中さん本当にありがとうございました。

いよいよ開店!

2007年7月22日その日が来ました。最後まで悩んだ価格はその朝決めて1個『10円』にしました。これは狸小路という土地柄、子供も結構いて子供でも買える価格設定にしようと思ったからです。ただ原価率や家賃の高い狸小路ということを考えると悩みに悩んだ末の『10円』でした。初日は当時としては珍しい外観や大きく『10円』と書かれた看板、そして『ちんどん屋さん』
にお願いして宣伝して頂きました。 売り上げはあまりいきませんでしたが思い出に残る一日となりました。

北海道新聞の取材

北海道新聞朝刊に掲載されました。

北海道新聞朝刊に掲載されました。

開店から4日後北海道新聞の記者さんが来られて取材されました。

明日の朝刊に載りますと言われましたがまあ小さめで載るのかな…と思っていたところ、なんとカラーでしかもかなりの大きさで掲載されました。

当時はカステラを買うのに40分〜50分待ちでした。当時お待ちになられたお客様には大変にご迷惑をおかけ致しまして申し訳ありませんでした。

その日からお店は長蛇の列が出来るようになりました。カステラの機械も1台では到底追いつかず急遽もう一台買うことになりました。

『ぱんじゅう』を始める

開店当初の写真

開店当初の写真

ベビーカステラを始めてすぐにお客様から『ぱんじゅうはやらないの?』ということを何回も言われました。

そういえばここは『ぱんじゅう』のお店だったなぁと思い息子さんがこの店舗の大家さんでもあり聞いてみることにしました。

すると『ぱんじゅう』をやってくれるのならと昔使っていた、ぱんじゅうの型を貸してくれました。

ただもう穴があいたり歪んでいたり使い物にはなりません急遽大阪のカステラ機械でお世話になった銅版屋さんに送り、同型のものを作ってもらうことにしました。

さて、問題のレシピですが、大家である息子さんと何日も繰り返し作りましたが、当時のレシピはあんこには合いますがクリームには全く合わないことが判りました。

そこから今の生地になるまで試行錯誤して、ようやく美味しい生地が出来上がりました。

いよいよ『ぱんじゅう』販売開始

北海道新聞朝刊に掲載されました。

開業2ヶ月後の9月22日いよいよ『ぱんじゅう』を売り出しました。近所の方々も大勢買っていただきました。

中には、ぱんじゅうの復活で涙ぐむお客様もいて、ぱんじゅうは昔から愛されていたんだなーと実感しました。

そして11月に北海道新聞の朝刊に閉店して10年の『ぱんじゅうが復活』と載せて頂きました。

正福屋の『ベビーカステーラ』と『ぱんじゅう』

私達のカステラとぱんじゅうは、初めて食べられた方でも何故か子供の頃に食べた懐かしい味と思って頂けるような、そんなお菓子でありたいと思っております。

そしてお子さんが小銭を握り締めて本当に嬉しそうに買いに来るそんなお店でありたいと。

日本一美味しい『三宝屋』さん『十八番』さん『田中のぱんじゅう』の味をベースに『正福屋』独自に味の調節をしております。

どうぞお近くに来られた際は『正福屋』にお立ち寄り下さいませ。

従業員一同、ご来店を心よりお待ちいたしております。

 

正福屋

代表 佐藤正一